古銭はそのまま売ると安心?

古銭は、その名の通りで今は使われていないお金のことです。そのため、手に入れたときからある程度の汚れがついていたとか、色が変わっているなどのことはよくあります。

古銭を売るときに気を付けてほしいのは、汚れているからといって無理にキレイにしなくてもいい、ということです。買取してもらうならキレイなほうがいいと思いがちなのですが、実はそんな必要がないのが、古銭です。元々古いものなのですから、その汚れや変色がいい味を出していて、それがプラス査定のポイントになるかもしれません。

無理にこびりついた汚れを落とそうとしてしまうと、傷をつけることもあります。傷は目に見えないかもしれませんが、査定員が詳しくチェックするとわかります。そういう点でマイナス査定が出てしまうこともあるので、あまり無理しないようにしてください。どうやって売ればいいかわからないなら、まずはそのまま査定してもらってはどうでしょうか。

大事に集めてきた古銭も次へ興味のある物が生まれると、収納にも場所を取るので処分したいと感じるでしょう。不用品処分として売る場合でも、ちゃんと売る業者は見極めてください。そして、価値を下げることがないように、古銭買取は適切な状態で売りましょう。